FC2ブログ

この手が虚空を掴む瞬間を、

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 狩りのこと -HiME編- > ニアペアっ

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.06.16 Tue ニアペアっ


OK牧場!

初っ端から謝られてるSSですいません@w@;
今回は予告通り、HiMEと冠でのニアペアについて書こうと思います!

俺が考える限り、まともにニアでペアが出来る組み合わせというのは、冠とHP(HiME)、砂とVitHPくらいだと思います。前衛と支援でのだと付与や武器の持ち替えなどがごちゃごちゃして、いろんな意味で酷いことになるんですよね・・・(笑

ので、今回俺が、知り合いの冠と久々に再会したことに大喜びして拉致っちゃいました!w
だってー、ニアペア楽しいんですよw
経験値はお察しですが、技術向上狩場なので、上記の職のお友達や相方さんがいらっしゃる方。その中でも色々挑戦してみたいぜ!って方にはとてもお勧めの狩場です。

ではいってみましょう!


まず、冠が前を歩くかHPが前を歩くかは、その相方さんとよく相談して決めてください。
本当は、ArVで倒す敵のタゲをHPが、MEで倒す敵のタゲを冠が持ちながらブラギ、というのが一番スムーズに行きますが、そこはお互いのステや装備にもよると思いますので。

今回は、俺が前を歩いていきます。
敵それぞれの処理方法は以下の通り。

悪魔全般 → MEで処理。数によりバックサンクを展開。冠は余裕があればブラギで補助を。
深淵 → バックサンクで耐えつつHPが無理の無い範囲でLA連打。ArV処理。
魔剣各種 → HPが特に脅威を感じないなら素で耐えながらLA+ヒール。ArV処理。
血騎士 → 壁際に寄ってサイドサンク。残HPと相談しつつLA。ArV処理。
ヴァイオリーと偽天使は雑魚いので割愛。ニュマ張るときはArVの邪魔しないようにだけ注意。

俺のHPは、自キャラ紹介でも書いたようにVIT皆無です。なので、サンクはケチりません。
作戦的には、Vitの無い俺が前を歩くことから、ずんずん進軍は危険なので壁際を少しずつ移動。MOBがいたら各それぞれに対する方法で殲滅。進行方向にMHがありそうだったらその少し手前を暫定固定場所にして、HPがMOBを少しずつ釣っていきます。
掃討できたら新たに進行、という形で。

まずは雑魚戦

この冠さんは特化武器が無く、琵琶装備でした。
ヴァイオリーはLA込みArV2+素ArV1。天使はLA込みArV2。そんな感じです。
特に殲滅に不満を感じることなく進んでいけました。
焦らず確実に処理。これに限りますね。



さて、対深淵の詳細に移りましょう。
VITの低い型のペアだと、ニアで一番厄介な相手かもしれません。

vs深淵

まず、出来れば壁際に寄ってサイドサンクをしたいところですが、下手に動けない状況もあります。
ヴァイオリーが傍にいて、ヒットストップで動けない。しかしArVの邪魔になるからニュマも置けない。
そんな場面がしょっちゅう出てきます。
深淵が画面の端に見えたら、まずは近くに他の敵がいないことを軽く確認して、そして壁際まで釣るのがベターですが、そうできない状況の時は焦らずバックサンクで回復補助を。
でないと、VITが高ければいいですが、そうでなければカリツのスタン攻撃が痛いです。

あとはサンクで耐えつつLAを入れて冠のArV処理速度を助けることになりますが、
注意!冠はBDSの範囲に入らないよう心がけること!
ここで二人揃ってBDSに巻き込まれるようなことがあると、支援のペースが大きく乱れます。支援職をお持ちの方だとなんとなくわかってくださる方もいらっしゃるかと思いますが、支援って結構リズムが大切だったりするんです。呼吸というか、テンポというか。
俺の個人的見解ですが、なるべく、冠はそれを注意しましょう。

BDSの範囲は、
(☆→スキル使用者、■→ダメージを受けるセル □→攻撃範囲外)

■ ■ ☆ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■
□ ■ ■ ■ □   ←上下左右90度の向きに撃った場合。

□ ■ ■ ■ ■ ■
■ ■ ■ ■ ■ ■
□ ■ ■ ■ ■ ■
□ □ ☆ ■ ■ ■
□ □ □ ■ ■ ■
□ □ □ □ ■ □   ←斜め方向に撃った場合。

こうなります。
つまり、深淵から4セル以上離れておけば、まず範囲外でいられるということです。
比較的斜め向きに退治することが多いように思うので、斜め向きの例をとってみると、
(◎→サンク範囲、◇→サンク範囲内且つBDS範囲外)

□ □ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
□ □ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
□ ■ ■ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇
■ ■ ■ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇
□ ■ ■ 支 ◎ ◎ ◇ ◇
□ □ ☆ ■ ■ ■ □ □
□ □ □ ■ ■ ■ □ □
□ □ □ □ ■ □ □ □

こんな感じになります。
BDSを受けるとHPが後方に弾かれた際に、冠の立ち位置次第ではタゲが移ってしまいます。
よって、冠さんは、

□ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
□ □ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
□ ■ ■ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇
■ ■ ■ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇
□ ■ ■ 支 ◎ ◎ ◇ ◇
□ □ ☆ ■ ■ ■ □ □
□ □ □ ■ ■ ■ □
□ □ □ □ ■ □ □ □

↑の色付きのセル周辺で立ち位置を考えると良い感じです。
ちなみに上のSSで冠さんが立っている位置は、

□ □ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ □ □
□ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ □
□ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ □
□ □ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ □
□ ■ ◎ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇ ◇ □
■ ■ ◎ ◎ ◎ ◎ ◇ ◇ ◇ □
□ ■ ■ 支 ◎ ◎ ◇ ◇ □  ←ここ
□ □ ☆ ■ ■ ■ □ □ □ □
□ □ □ ■ ■ ■ □ □ □ □
□ □ □ □ ■ □ □ □ □ □

ちなみにこの色は、実際にサンクのエフェクトが出ている部分。エフェクトが目で見える範囲と、実際の回復範囲は違うので、そこにも注意です。
あと、深淵を壁際まで引っ張る際にも注意が必要なんです。
これも冠さんに注意して欲しいことなんですが、壁に寄り終わる前にArVを入れないこと!
これとっても大事なんです。
深淵は詠唱反応ですよっ。壁に近づき終わる前にArVを入れてしまうと、詠唱した時点で本体のタゲがそっちに流れ、支援が分散してアッー!ってなっちゃいます(笑)
ここでは結構、ヒール分散が痛手になりやすいので、注意してください。



ふう。対深淵はこんなものでしょうか。
次は簡単に血騎士さんの処理について。

シールドチャージが痛いです

血騎士は、シールドチャージを使ってきます。
しかも、結構タフです。さらに、HPが少なくなってくるとMSを使ってきます。
だから、深淵の処理のように、壁際までよらずにサンクをしけば、チャージで吹っ飛ばされて血騎士がサンク内に。回復されて処理時間が長引き、MSを発動されてちょっと厄介なことに・・・なんて、ペアじゃちょっと苦しいんです。
だから、絶対に壁際によること
この場合バックサンクではなくサイドサンクになりますが、要領はバックと同じです。
そうすれば簡単にLAArVでさっくり倒せたりしちゃいます!



大体こんなものでしょうか?
あと、悪魔系のまじったMHなんかでは冠さんが優先的にブラギを展開してくれるとMEでの処理がスムーズにいきます。

ナイスブラギ!

正確な状況判断と立ち回りが要求されますが、どうでしょうか。
本来大人数PTを対象とされているこのダンジョンを、ペアでずんずん荒らし歩くなんてかっこよくありませんか!?w
楽しそうだと思った方はぜひぜひ、お知り合いのMEさん、VHPさん、冠さん、砂さんを拉致して誘ってみてください!




ちょっとwwww
( ;゚д゚)ァ....
あんなところに天使・・・。


それでは今回はこの辺で!
次回はちょっとしたネタが溜まってきているのでそちらの消化になると思います!
ではまた次回に!ノ
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。